読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Under the roof

三児の父が育児、家事、読書のこととか書きます

娘が間もなく1歳になる

もうすぐ娘の1歳の誕生日ということで、妻の実家からプレゼントが大量に届いた。

おもちゃ、絵本、服。息子にも服が届き、昨日の我が家は大量の荷物をひっくり返して喜ぶ娘と息子によりプチパニック状態だった。
「パパ、これは息子の?」「そうだね、この服は息子のだね。よかったね」
「パパ、これは?」「このおもちゃは娘ちゃんの誕生日プレゼントかな」
「パパ、開けて!」「いや、だから娘ちゃんのだから」
「パパ、電池ある?」「もう遊ぶ気じゃん」
「パパ!電池だって!」「はい、わかりました息子さん」

仕方なく電池を用意し、おもちゃを開封して電池をセット。
アンパンマンの音が出るマットみたいなおもちゃだったんだが、息子も娘もマットの上で飛び跳ねて遊んでいた。昨夜19時頃の話。アパートだったら苦情が来てるレベルの騒音を掻き鳴らし、兄妹でゲラゲラと笑う光景。

そういえば息子は、昨年娘が生まれた時、同じく妻の実家から送られてきたもろもろのプレゼントの中に息子あてのプラレールが入っており、初めて手にしたプラレールにものすごく喜んでいたことを思い出した。

1年経ち、兄妹一緒に遊べるようになったんだなという想いと、もう1年もたってしまったのかという想いが混じり合う夜になった。