読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Under the roof

三児の父が育児、家事、読書のこととか書きます

【人生に影響を与えた1冊】自分の小さな「箱」から脱出する方法

今週のお題 読書

今週のお題「人生に影響を与えた1冊」

自分の小さな「箱」から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法

  • 作者: アービンジャーインスティチュート,金森重樹,冨永星
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2006/10/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 156人 クリック: 3,495回
  • この商品を含むブログ (419件) を見る


自己啓発本だからって馬鹿に出来ない、というのをこの本で学んだ。読んでる側にぐいぐい突き刺さるので、読み終えた後の腑に落ちた感がすごい。

タイトルにもあるが、本書でキーワードになっているのが「箱」。自分自身を箱で囲うことによって他者とのかかわりに様々な影響が出てるとしていて、これがとてもイメージしやすい。

読み手が能動的に変わろうと意識するのではなく、読んでいるうちに自分自身の感じていた怒りや不安や悲しみといった負の感情がどこから来ていたのかをはっきりイメージさせてくれる。だから、変えなきゃならないと意識しなくても、自然に良い方向を目指そうと思える。


僕は本を読む前と後で自分自身にどういう影響が出たか、自分がどう変わったか、というのが重要だと思っている。読んだ前と後で何も変わっていないなら、その本は自分にとって何の価値もなかったってことになる。

まあ、世の中にはそんな「読むだけ無駄だった」って本は結構あるし、それはそれで「そんな無駄な本もあるんだな」なんて経験にはなるんだが、せっかく読むんなら何か自分に得るものがほしいと思うのは当然だろう。何せ人生は短い。読む本は厳選しておきたい。


だから、こういうスッと入ってくる本こそ、自分にとって大切な1冊になってくれる。