読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Under the roof

三児の父が育児、家事、読書のこととか書きます

3歳児が忠実に歌う、アナ雪のレリゴー

保育園に行っていると、やはりいろいろな歌を覚えて帰ってくる。


覚えた歌を家で歌っているのは微笑ましい。たまに知らない歌を歌っているので「それ何の歌?」と聞くと「何々って歌だって言ったでしょ!」と、初めて聞く歌のタイトルをこちらが知らないことを責められる。初めて聞く歌なので、「もう一度歌って」とリクエストすると、大体の場合恥ずかしがって二度と歌ってくれなくなる。まあそんなもんだろう。

昨日はアナ雪の「Let It Go」を歌っていた。保育園で何度かDVDを見たらしい。
やっぱり子供なので、覚えやすいサビの部分だけを繰り返し歌っていたのだが、その歌い方が普通と少し違っていた。


なーにーもぉーーこーわくーなーいー

かぜよーふーけー

すこーしもさむくないわ!バタンバタン!
 

どうやら「バタンバタン!」の部分は、エルサが歌いながら氷の城を築き、歌い終わりで笑みを浮かべながら城の中へ入っていき、直後に扉が閉まる音を忠実に再現しているようだ。

息子は昨日ずっと、「すこーしもさむくないわ!バタンバタン!」の部分を繰り返し歌っていた。扉が閉まるシーンが余程好きなのだろう。

彼はとても真剣なのだが、周囲で聞いている大人はみんな「バタンバタン!」のところで吹き出し、「そんなふうに閉まる時大きな音してたっけ?」とか「バタンバタン!って2枚の扉が互い違いに閉まる音だけど、実際は1回でバン!って感じで閉まってなかったっけ?」などとこれまた的外れな議論をニヤニヤしながら繰り返していた。

今週いっぱいは、この「バタンバタン!」の部分を聞くだけでニヤニヤできそうだ。