読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Under the roof

三児の父が育児、家事、読書のこととか書きます

3歳児が保育園を休んで祖父母と遊ぶ内容

育児 日記
息子が、下痢になってしまい今週は月・火・水曜と保育園を休んでいる。

新ビオフェルミンS錠 540錠 [指定医薬部外品]

新ビオフェルミンS錠 540錠 [指定医薬部外品]


休んでいる間は僕の実家で面倒を見てもらっている。大好きなじいじばあばと過ごせる息子と、大好きな孫と過ごせる定年を迎えた父と専業主婦の母。これ以上ないwin-winだ。

幸いにして、実家は職場と自宅の中間にある。朝、僕が息子を実家に送っていくと、僕の両親と息子はお互い満面の笑みでお互いを迎え入れ、僕はそんな楽しそうな様子を尻目に仕事へと向かう。僕もあんな風に笑える年寄りになりたい。

下痢の症状があるとはいえ、それ以外の部分は元気な息子。毎日実家で全力で遊んでいるようで、夕方仕事を終えた後に実家に迎えに行くと、息子は「パパ、今日は○○してあそんだ!」と元気に報告してくれる。
月曜日は「今日は、ばあばと、おままごとした!」という報告をいただいた。
火曜日は「今日は、じいじと、ばあばと、お買いものした!」という報告。
水曜日は「今日は、大根抜いた!」
…大根?

聞けば、実家の畑に入り、自ら大根を2本抜いたそうだ。息子はそのために、朝家を出るときに長靴を履いてくるという入念さを見せていた。前日から”畑に行きたいなら長靴を履いてきなさい”と言われていたらしい。なるほど。だから朝長靴を履いていったのか。ただの”長靴履きたい気分”じゃなかったんだな。

というか、そこまでして畑に行き、作物の収穫をしたいと思った息子の気持ちに妙なニヤニヤ感がよぎる。「今日は、畑で大根を収穫するんだ!」という気持ちを抱き、意気揚々と長靴を履いて実家へと向かう息子。3歳児の考えは、パパママの想像の及ぶ範囲では足りないようだ。

大根はばあばに綺麗に洗ってもらい、自らお土産として持ち帰ってきた。自宅にはすでにスーパーで購入した大根が1本あったので、正直2本も持って帰ってこられたところで使い切れるか心配だ。

とりあえず、近々夕飯はみぞれ鍋になると思う。みぞれ鍋には、オーブントースターでカリカリに焼いた油揚げを入れると最高だ。