読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Under the roof

三児の父が育児、家事、読書のこととか書きます

アクティブ女子路線の娘

育児 日記
先日は、友人家族も含めて4家族で公園にピクニックに行ってきた。

うちだけ子供がふたりで、残り3家族はみんな子供ひとり。子供の数は合計5人。その中で、うちの息子が最年長で、3歳6か月。

公園にはアスレチックがたくさんあり、多くの子供たちが思い思いに遊んでいた。

息子もアスレチック大好きなんだが、彼はとても慎重な性格をしており、初めて遊ぶアスレチックには周囲をぐるぐる回って見定めてばかりでなかなか遊ぼうとしない。パパママとしてはアスレチックに登りはしゃぎ回っている息子の姿を眺めたり写真に収めたりしたいんだが、「もっと遊んだら?」と促してもニヤニヤしながら「いや〜だ〜」と言って決して自分から未知のアスレチックに手を伸ばそうとはしない。要はビビリなのだ。

だが、娘は真逆の性格をしている。1歳児では到底遊べやしないアスレチックに自分から迷わず近づき、滑り台を逆走で登ろうとするため慌てて抱きかかえると体を海老のように反らせて抵抗してくる。仕方ないので滑り台の上に座らせると、迷いなく滑り始める。介助の必要はないらしい。滑り終えればまた逆走で登ろうとするため、仕方なく抱きかかえてまた滑り台の上に座らせる。で、すぐ滑る、を永遠と繰り返す。パパママはその繰り返しに最初は楽しく付き合うんだが、10周以上しても止めない彼女のバイタリティにすぐ音を上げることになる。だが彼女には関係ない。満たされるまでひたすら繰り返すのが彼女のジャスティス。パパとママはそのために尽力しなければならない。

おそらくこれは普通の男の子の遊び方なんだろうけど、我が家の場合は息子はあまり繰り返し遊びまくるのが好きではないらしく、逆に娘が遊びまくり派なので今更苦労している。娘には可愛らしく成長して欲しいんだが、このままではアクティブ女子の道を歩みそうだ。