読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Under the roof

三児の父が育児、家事、読書のこととか書きます

ゴミ収集車を収集する息子と、甘々な祖父母の話

日記 育児

1歳の娘、ようやく胃腸炎の症状も治まってきたが、まだ内服薬を飲んでいるので、今日もとりあえず僕の実家で預かってもらった。

 
娘、そして3歳の息子も僕の実家が大好きだ。甘々のじいじ、ばあば、さらにはひいばあちゃんから寵愛を受け、自分無双が可能となるパパの実家。
 
かわいい孫のために、大好きなお菓子とおもちゃを取り揃え、付っきりで面倒見てくれるのは有難いんだが、やっぱり甘やかし天国になってしまうのが気になる。
この土日も、胃腸炎で体調のすぐれない娘の面倒で手いっぱいの僕のために、実家が息子だけは預かってくれた。
が、両日とも、帰宅すると見たことないおもちゃやお菓子を手にしていた。
ピカピカのトミカを当たり前のように持って帰ってきた息子を目にし、僕の口から出た言葉は「何これ?」
この上なくダサいセリフ。口にしてわかる、この質問の意味のなさ。
 
0点の質問に対し、息子は100万ドルの笑顔で「ゴミ収集車だよ!」

 

 

 

トミカ №045 トヨタ ダイナ 清掃車 (箱)

トミカ №045 トヨタ ダイナ 清掃車 (箱)

 

 

 

 

なぜゴミ収集車のトミカなのか。確かに息子はゴミ収集車が好きで、20センチくらいある大きなゴミ収集車のおもちゃ、さらにその半分くらいのサイズのゴミ収集車のおもちゃを既に持っているのに、今回もゴミ収集車を買ってもらい帰ってきた。被ってるのに欲しくなるのって何故なんだろう。キティちゃんグッズ収集みたいなもんだろうか。だとしたら3種類サイズ違いのゴミ収集車があれば、ほぼコンプリートと言っていいだろう。ご当地ゴミ収集車とかが存在しない限りは。
 
余計なものは買わないでくれと何度も言っているのだが、ただ可愛がるだけでは祖父母としての満足感も満たされないのか、じいじ、ばあば、ひいばあちゃんはとにかく息子と娘にモノを買い与えてくれてしまう。

 

 

 

キッズ用ランニングバイク STRIDER(ストライダー)レッド/ ST-J4

キッズ用ランニングバイク STRIDER(ストライダー)レッド/ ST-J4

 

 

 

 

「ストライダー」という足こぎ自転車もどきをばあばに購入してもらった直後に、ひいばあちゃんが放った「三輪車買ってやろうか」とか、僕が仕事上の都合で休日に3時間だけ息子を実家に預けたら、その時間内にイオンのおもちゃ売り場に行きすでに何種類も待っているプラレールの車両を新しく買ってもらったりとか、枚挙にいとまがない。
 
確かに買ってもらった瞬間の子供の顔は最高に嬉しそうだし、買い与えることによって満たされる充足感はあると思うが、それならもっとこう、絵本とかそういうのに使ってほしいと思ってしまうのはちょっと考えが違うかな…
 
甘くなるのはわかるし、育児をサポートしてもらってるので偉そうなことは言えないんだが、もう少し良い投資をしていただけたらな…と思ってしまう。