読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Under the roof

三児の父が育児、家事、読書のこととか書きます

うちの猫たちの悪癖その2

先日、うちの猫たちに変な癖があるということを書いた。

我が家では猫を3匹買っていて、12歳になるメスのサビ猫、10歳のメスの長毛のサビ猫、そして4歳になるメスの茶とら猫の3匹だ。
 
f:id:tojikoji:20160425212635j:image
 
で、そのうちの長毛サビ猫のコイツが、風呂場の水滴をベロベロ舐めてるという話を書いた。
 
餌の横にきれいな水を常備しているのに、なぜか入浴直後の水滴だらけの風呂場にダッシュで侵入してきて壁や風呂椅子についた水をベロベロと舐める。
何がいいのかはわからないが、今の家に引っ越す前からやっていたので、この猫にとっての癖というか、やらないといられない行動になっているようだった。
 
で、最近は4歳のメスの茶とらも、普通とは違う方法で水分補給をするようになった。
 
f:id:tojikoji:20160425212650j:image
 
彼女の場合は、このように「浄水器から流れ出る水を真剣な顔で飲む」という方法だ。
 
朝、僕が起床後にまずコップ1杯の水を浄水器で淹れてから飲むんだが、その時にキッチンに上がってきて写真のようにベロベロと流れる水を飲んでいる。朝によくやっているので、彼女も寝起きは喉が渇いているんだろう。
 
汲み置きしている水を飲むのを嫌がるのはなぜだろう?と思い、少しネットで調べてみた。
すると、猫は流れる水を飲むのを好んだり、水道水のカルキ臭が苦手なので浄水器の水を飲みたがることがあるというのを目にした。
 
f:id:tojikoji:20160425212728j:image
 
なるほど。カルキ臭もしない、流れ出る浄水器から水を飲みたいんだな、と合点がいったが、風呂場で水を飲む長毛はなぜカビ臭い壁面に付いた水滴を舐めるのかはわからないままだった。