読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Under the roof

三児の父が育児、家事、読書のこととか書きます

母性溢るる男の子

日記 育児

先日、妻の友人に男の子が生まれた。

 

その家は妻の友人とその夫、そして今3歳の男の子の家族で、今回次男坊が産まれて4人家族になった。

 

赤ちゃんが産まれたことにより、お兄ちゃんになった3歳の男の子は、うちの息子ともよく遊んでくれる子で、とにかく活発。


いつも激しく走り回り、うちの息子やまわりの大人たちはついていくのがやっとだったりする。

 

そんな激しく活発な男の子、今回弟が生まれたことがとても嬉しいらしく、毎日保育園から帰ってくると、赤ちゃんとママの入院中の産婦人科へ向かい、すぐに弟のもとに駆け寄り「ただいま~!!ああ…弟君かわいいな~」と弟を溺愛しているらしい。

 

まず、産まれたばかりの弟を見て言ったセリフが、「パパも、ママも、僕も、み〜んな弟くんに会うのを楽しみにしてたんだよ〜!」だったそうだ。何その素敵すぎるセリフ。言わそうと思っても恥ずかしがって言ってくれないよ普通は。初孫を楽しみにしてたおばあちゃんより喜んでるんじゃないだろうか。

 

おむつ替えや、お着替えなどの赤ちゃんのお世話には、ほぼ必ず「僕もやる!」とお手伝いを志願しているそうだ。とても3歳の活発な男の子とは思えない。

 

極め付けは、赤ちゃんとママが退院してきて初めて家族4人揃って自宅で寝る夜、みんなで寝室で横になりながら、「ああ〜、4人で寝れるなんて、とっても嬉しいな〜!」と言ったそうだ。


何その母性。育児に不慣れな初めてパパになったばかりの男の人なんかよりよっぽど赤ちゃんに対する想いが強く感じられる。

 

それらすべてのセリフが、自然とその子の口から出てきてるのが凄い。

 

うちももうすぐ3人目が産まれる。今4歳の長男と、間も無く2歳になる娘。2人の反応がどうなるか、今から楽しみではある。