読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Under the roof

三児の父が育児、家事、読書のこととか書きます

【育児日記】猫と娘に怯えながら、雛人形を飾った日曜日

日記 育児
今日は実家にて、娘の雛人形を飾ってきた。

f:id:tojikoji:20160221234744j:image

家にも飾るスペースはあるのに、なぜ実家に飾りに行ったのかというと、我が家には猫が3匹もいるから。

築1年半の我が家は、すでに1本の柱が凶刃の餌食となっている。3匹の猫たちにジェットストリームアタックのごとく連続で爪研ぎされまくりボロボロ。

対策していない僕が悪いんだが、更に悪いことに、爪研ぎでボロボロになってた柱の壁紙を、つい最近息子にビリビリと剥がされるという悲劇も味わった。
柱がボロボロでメンタルもボロボロ。壁紙剥がされたストレスで頭髪も禿げそう。世帯主である僕は、大黒柱として家の柱ともいろいろリンクしてしまっているようだ。将来的に脛にあたる部分を齧られたりするんだろう。

そんなこんなで、自宅に高い金を払って購入した雛人形を飾って、齧られたり爪研ぎされたりされては敵わないので、雛人形や兜を飾るときは実家に飾るようにしている。

今日は比較的暖かく、天気も良かったので雛人形を飾るには良い日だった。
しかし、娘のために飾る雛人形を、娘自身がイタズラしようと近寄ってくるのでそれを遠ざけるのに苦労することたなった。

「娘のための雛人形を守るために、娘を近寄らせない」というジレンマ。
ヤマアラシのジレンマのように寓話として後々に語り継ぐような状況。なんだか親のエゴを自ら見つめ直すような1日になった。