Under the roof

三児の父が育児、家事、読書のこととか書きます

夏休みの終わりと、日常に科学感を取り戻したい話

今日で子どもたちの夏休みが終わる。今年はどこにも行けなかった。去年は春頃からコロナ禍となり、4月は学校に行けず過ごすなど夏前まで経験したことのない生活を送っていた。だが、夏には感染症対策をしたうえでの施設の運用等がされるようになり、感染が落ち着いている地域では密にならないレジャーを楽しむことはできた。

続きを読む

【書評】『死亡通知書 暗黒者』

 

『三体』や『折りたたみ北京』などの中国SFをここ数年よく読んでいるんだが、今回読んだのは中国ミステリー。ハヤカワから出ているペーパーバック本で、アマゾンレビューも上場の本作は「面白いに決まってんだろ…」と思って読み始めたらもう面白すぎてただただ普通に最高だったという報告になります。

続きを読む

【書評】支援したくないような相手だからこそ、支援しなければならないという事実『どうしても頑張れない人たち~ケーキの切れない非行少年たち2』

 

『ケーキの切れない非行少年たち』の続編。前作はかなり話題になっていたので、このブログでも感想を書いた。

tojikoji.hatenablog.com

 

続きを読む

【ボードゲーム】子どもたちと4人プレイする『海底探検』

外出自粛で旅行どころか日帰りレジャーまで行かなくなってしまったので、最近は家で子ども達とボードゲームばかりしている。

以前から長男とは「どうぶつしょうぎ」などの簡単なボドゲで遊んではいた。

どうぶつしょうぎは面白い。決着が早いので1ゲームに時間がかからないし、ゆるい絵柄のせいか子どもたちも負けてもそんなに悔しくなさそうにキャッキャ遊んでくれる。スマホアプリもあるので、子どもの病院の待ち時間などにサクッと遊べるのもいい。

どうぶつしょうぎ(公式)

どうぶつしょうぎ(公式)

  • G-MODE Corporation
  • ゲーム
  • ¥120

昨年次男が4歳になり、ある程度ならゲームのルールを理解して遊べるようになったので、子ども3人と自分を含めた多人数プレイ可能なボドゲ探して購入したのがコレ。

Amazonでボドゲ探すとだいたいオススメに出てきていて、見た目の可愛らしさに惹かれて即決で購入した。

続きを読む

コロコロコミック→YouTube→Amazonのコンボ

今年になってから、長男がコロコロコミックを買い始めた。

コロコロコミック 2021年 05 月号 [雑誌]

コロコロコミック 2021年 05 月号 [雑誌]

  • 発売日: 2021/04/15
  • メディア: 雑誌
 

もともと図書館でクレヨンしんちゃんなどの漫画を借りて読んでいたので、いよいの漫画を読めるようになった!的な成長を感じる要素は薄い。

続きを読む

【書評】科学の進歩がもたらしたディストピアの歴史『禍いの科学 正義が愚行に変わるとき』

 

禍いの科学 正義が愚行に変わるとき

禍いの科学 正義が愚行に変わるとき

 

 

グロテスクな装丁に『禍い』なんて禍々しいタイトルだったので、戦争や兵器の凄惨な歴史を紐解く本かな〜なんて手に取ったら全く違った。

本書は「優生学」や「アヘン」「マーガリン」などの、科学により生み出された、人類にとって有益になると信じられたものが、実は禍と呼ぶべきとんでもない悪影響を及ぼしたものについて、歴史的・科学的に詳しく解説したものだ。

本当に人類のための科学的なものだったの?センセーショナルな書き方をして強烈な印象付けしてない?って思ってしまうくらいに全章とも強烈。特に驚いたのがロボトミー手術の章だ。

続きを読む

【書評】カモノハシのスペックと歴史『カモノハシの博物誌~ふしぎな哺乳類の進化と発見の物語』

 

カモノハシの博物誌~ふしぎな哺乳類の進化と発見の物語 (生物ミステリー)

カモノハシの博物誌~ふしぎな哺乳類の進化と発見の物語 (生物ミステリー)

  • 作者:浅原 正和
  • 発売日: 2020/07/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

皆さんご存じ、カモノハシ。
でも、実際はカモノハシについてどれくらいのことを知っているだろうか。

変わった見た目、哺乳類なのに卵を産む、オーストラリアに生息、あたりが基本中の基本情報だろうか。そして、哺乳類・鳥類・は虫類といった生物の分類上の「例外」として扱われる存在でもある。

続きを読む