読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Under the roof

三児の父が育児、家事、読書のこととか書きます

出産準備と、胎内記憶について再度聞いてみた話

育児 日記

妻の出産が、いよいよ来月に迫った。

 

今は着々と入院準備を進めている。単に入院グッズを揃えたり、赤ちゃん用のグッズを揃えたりのほかに、退院後の生活を快適にするため、クローゼットの中を整理したり、お風呂のカビ取りを入念にしたり。今できることを、一つずつ確実にこなしている。

 

胎児の大きさも2,500gを超え、胎動も激しさを増してきており、お腹の表面をぐるりと撫でるように動いていくのを感じることができる。

 

僕が妻のお腹をさすって、「元気かな~?」と赤ちゃんに声掛けをしていると、4歳の息子と1歳の娘も寄ってきて、「赤ちゃん元気ですか~?」と一緒に声掛けをしてくれるようになった。

 

ついでに、息子に「息子くんは、ママのお腹の中で何をしてたの?」と体内記憶について聞いてみた。

 

 

tojikoji.hatenablog.com

 

以前、と言ってもほんのひと月前の話だが、その時は「寝たり、起きたりしてた」と答えてくれた。もう少し踏み込んだ答えを返してくれないかな、と期待して、「寝たり起きたりしてただけなの?」とも聞いてみた。

 

すると、息子は「ううん、違うよ、息子はね、こうやって普通に歩いたりしてた!」と、手足を縮こめた感じで歩く真似をしながら答えてくれた。


完全におふざけに入っている。思わず僕も妻も笑ってしまった。


「いや、ママのお腹の中じゃ歩けないでしょ?」と聞き返しても、「息子はねえ、こうやって歩いてたんだよ!」と完全におふざけモード。

 

娘から聞けるようになる日を、首を長くして待つしかなさそうだ。