読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Under the roof

三児の父が育児、家事、読書のこととか書きます

【書評】孤独と失望が心地いい『ビニール傘』

 

ビニール傘

ビニール傘

 

 

短編2本。どちらも薄暗い、まとわりつくような無力感が漂う。

 

表題の短編『ビニール傘』は、大阪を舞台に明確な括弧書きや誰のセリフかを表さずに、様々な若者たちの無気力に感じられるようなつぶやきがひたすら続く。仕事で感じた苦痛、恋人との別れ、貧困、将来への希望の無さ、といった感情がどこか客観的な感じで呟くように繰り返される。

続きを読む

長毛猫とずり這い次男

生後7か月を過ぎ、ズルズルと這うようにして進むハイハイ、いわゆる「ずり這い」をするようになった次男。

 

f:id:tojikoji:20170424213633j:image

 

進むスピードは遅いが、もう床に余計なものを置くことができなくなった。スリッパとか脱いだままにしておくと、まっしぐらに突き進んで鷲掴みにし、そのまま口へと運んでしまう。毎度毎度、それはやめて!って思う。

続きを読む

【書評】メメント・モリ『なぜ保守化し、感情的な選択をしてしまうのか:人間の心に巣くう虫』

 

なぜ保守化し、感情的な選択をしてしまうのか :  人間の心の芯に巣くう虫

なぜ保守化し、感情的な選択をしてしまうのか : 人間の心の芯に巣くう虫

  • 作者: シェルドン・ソロモン,ジェフ・グリーンバーグ,トム・ピジンスキー,大田直子
  • 出版社/メーカー: インターシフト
  • 発売日: 2017/02/15
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

タイトルだけ見ると、人生における数々の「選択」の場面においてなぜ保守的な方を選びやすいのか、について書かれた心理学的な本かと思っていたが、全然違ってなおかつ面白かったので驚いた。

続きを読む

【書評】我々の自然観を作り上げた人物『フンボルトの冒険 -自然という〈生命の網〉の発明』

 

フンボルトの冒険 自然という〈生命の網〉の発明

フンボルトの冒険 自然という〈生命の網〉の発明

 

 

凄かった。読み終えるのに3週間もかかってしまったが、あまりの面白さに噛みしめるように読んだ。

 

フンボルトについて書かれたノンフィクション。著者の膨大な取材データを元に書かれており、情報量が半端ではない。

そもそも、フンボルトとはなんぞやと。

フンボルトといえば、フンボルトペンギン。恥ずかしながら僕自身その程度の知識しかなかった。

続きを読む