Under the roof

三児の父が育児、家事、読書のこととか書きます

うちの子どもたちは全員大根とにんじんの煮物が好き

今週のお題「得意料理」

f:id:tojikoji:20171122210109j:image

うちの子たちは、みんな大根とにんじんの煮物が大好きだ。

 

僕は結婚してから料理をするようになり、子どもができるまではある程度バランスを考えつつ好きなものを作ることが多かった。豚のしょうが焼きとか、焼き魚とか、から揚げとかの普通の簡単で美味しいおかずのローテーション。実家に住んでいた時も母が同じようなメニューでご飯を作ってくれていたので、特段変わらない食生活をずっと送ってきた。

続きを読む

【書評】Tシャツと人生と。『捨てられないTシャツ』

 

捨てられないTシャツ (単行本)

捨てられないTシャツ (単行本)

 

 

何だろう、この面白さは。

『捨てられないTシャツ』ってタイトルだけど、中身はほとんど誰か知らない人の半生について短くまとめられたエッセイみたいなものが大半。で、申し訳程度にTシャツの画像とそれについてのエピソードが載っている。

続きを読む

【書評】最悪へと突っ走った事故事例たち『大惨事と情報隠蔽』

 

大惨事と情報隠蔽: 原発事故、大規模リコールから金融崩壊まで

大惨事と情報隠蔽: 原発事故、大規模リコールから金融崩壊まで

 

 

不謹慎な言い方だが、とても面白かった。

 

本書は、原発事故、原油流出、金融危機、大規模リコール…リアルタイムで目にしたものや、過去の大惨事として現代史に残っているものなど、一級の事故事例について詳細に記載された、ボリューム満点のノンフィクション。どの事例を読んでも面白く、その酷すぎる経過が手に取るようにわかる。

続きを読む

【書評】ブラックスワンを乗り越えて、反脆くなれ!『反脆弱性ーー不確実な世界を生き延びる唯一の考え方』

 

反脆弱性[上]――不確実な世界を生き延びる唯一の考え方

反脆弱性[上]――不確実な世界を生き延びる唯一の考え方

  • 作者: ナシーム・ニコラス・タレブ,望月衛,千葉敏生
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2017/06/22
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 
反脆弱性[下]――不確実な世界を生き延びる唯一の考え方

反脆弱性[下]――不確実な世界を生き延びる唯一の考え方

  • 作者: ナシーム・ニコラス・タレブ,望月衛,千葉敏生
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2017/06/22
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

著者ナシーム・ニコラス・タレブの本は『まぐれ』『ブラックスワン』と両方読んできて、どちらも強烈に記憶に残る面白さだった。


そんなタレブの最新作。『ブラックスワン』では「ありえないことは起こり得る」ということを様々な視点からひとつひとつ塗りつぶすようにして書き連ねていたが、本書でもそのスタイルは踏襲されている。だからこそ面白い。

続きを読む

第2回 水戸黄門漫遊マラソンを台風接近の大雨のなか完走しました

昨日、台風22号が関東へ接近する中、第2回水戸黄門漫遊マラソンを走ってきた。

 

f:id:tojikoji:20171030125940j:image

 

同日開催予定だった横浜マラソンは前日(28日)のうちに「開催中止のお知らせ」が発表される中、27日時点で「第2回水戸黄門漫遊マラソンは開催します」とはっきりと公式ホームページに発表されていた。

続きを読む

【書評】衝撃のド変態学者『動物になって生きてみた』

 

動物になって生きてみた

動物になって生きてみた

  • 作者: チャールズフォスター,Charles Foster,西田美緒子
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2017/08/17
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

ヤバい本。内容ではなくて著者がヤバい。

 

『動物になって生きてみた』

一見すると、なんかニコ動の『歌ってみた』みたいで軽いノリを感じるが、中身のヘビーさはとんでもない。

続きを読む