Under the roof

三児の父が育児、家事、読書のこととか書きます

【書評】成功のための裏口探しの旅『サードドア:精神的資産のふやし方』

 

サードドア: 精神的資産のふやし方

サードドア: 精神的資産のふやし方

 

18歳の医学部在学中の大学生が、ビル・ゲイツなどの超著名人たちに「成功の秘訣とは何か」をインタビューするために奔走する。

サラリーマン15年、既婚、3人の子育て中、持ち家ありで絶賛住宅ローン返済中の自分からすると、もう眩しくてぶっちゃけ小説の世界のようだった。

ただの大学生がビル・ゲイツにインタビューしようと思ってもそもそもうまくいくわけないので、著者はインタビューに漕ぎ着けるためにあらゆる「裏ワザ」を試す。つまりそれがファーストドア(正攻法)ではなくサードドア(裏口)を開けろというわけだ。

ぶっちゃけ医学生として真剣に学問に打ち込めば、医者になってその後の人生も何の心配も無かっただろうが、著者はその道を疑問無くすすもことに行き詰まりを感じて本書のような道を進み始めた。冒頭で親を説得して医学部を外れる様子や、クイズ番組で賞金稼ぎをする様子なんかを見ると、若い頃の自分なら「無茶苦茶するな…よくうまくいったもんだよ…」的な感想だったろうけど、今の自分からすると「我が子が医学部から外れて自分の計画実行のためにクイズ番組で賞金稼ぎ!?馬鹿なことやってんじゃねえ!!」って親目線の感想しか浮かんでこない。読む人によって内容の受け取り方はかなり変わるだろう。そもそもスタート位置にも恵まれていると思うし。底辺からの成り上がりとはちょっと違う。
でもまあ、正直失敗ばかりの書写の様子を見ていると「よくコイツ最初は医学部にいたよな…」って感じてしまう。しかし、結果的に様々な失敗を基礎とした経験により成功のための足がかりを築いて行くので、やっぱりそういう若さからのがむしゃらさってのは必要なんだなと。今の僕には到底無理だけど。

「何者かになりたい、今の環境に閉塞感がある」っていうのは若い頃特有の感情だと思う。本書の内容が日本で役に立つ可能性は低いだろうけど、サードドアを駆使していろいろ積み重ねていこうっていう著者の姿勢はとてもいい刺激になるだろう

ただ、読む人によって受け取り方の善し悪しはかなり変わる本だと思うけど。

長男とポケモンカードを遊べるようになりました

うちは子どもたち3人ともポケモンが好き。アニメは毎週欠かさず見ていて、僕がスマホでポケモンGOを起動すると3人とも我先に「自分にやらせろ」アピールをしてくる。
特に小一の長男がハマっていて、今年の春の誕生日プレゼントにこれをチョイスしていた。

ポケモンカードゲーム サン&ムーン ファミリーポケモンカードゲーム

ポケモンカードゲーム サン&ムーン ファミリーポケモンカードゲーム

  • 発売日: 2019/03/15
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

購入したばかりの頃はルールの理解もダメージ計算も未熟だったのでプレーできなかったのだが、最近になってきちんとルール通り遊べるようになってきたのでちょくちょく長男と対戦している。

続きを読む

【書評】ノー残業デーは、こっそり残業する日です!『 測りすぎ――なぜパフォーマンス評価は失敗するのか?』

 

測りすぎ――なぜパフォーマンス評価は失敗するのか?

測りすぎ――なぜパフォーマンス評価は失敗するのか?

 

 

「仕事の成果を数値で評価する」のはごくごく普通のことだ。幸い僕はさほどノルマに縛られない仕事をしている。なので、結果ばかりを気にするのではなく、目の前の仕事を確実にこなすことに集中できている。
しかし、世の中には数値という結果を求めるあまり、その目的を見失うことが往々にしてある。そのことについて解説したのが本書だ。結果の数値を求めてくるのは、我々の上司である管理職、そして経営者やその上の調査機関などだ。売り上げを増やせ、残業は減らせ、クレームは減らせ。内容に興味の無い管理職は、ただ取り組んだ結果の数値を求めてくることが往々にしてある。そういった、目的を見失って数値ばかり求めることに対して、本書は様々な事例をもとに警鐘を鳴らす。

続きを読む

【書評】見えざる「生きづらさ」をどう解決するか『ケーキの切れない非行少年たち』

 

ケーキの切れない非行少年たち (新潮新書)

ケーキの切れない非行少年たち (新潮新書)

 

 

ちょっと前にTwitterでも話題になっていた本書。
インパクトのあるタイトルで、「ケーキの切れない非行少年」については本書の序盤に掲載されている。

円をケーキに見立てた紙を提示し、「線を引いて三等分してください」と指示すると、まず真ん中に線を引き、悩んだあげくT字型に線を入れたり、真ん中に引いた線と平行にもう一本線を引いてしまう、という、公平に三等分できていない図が掲載されている。

続きを読む

【書評】そりゃ絶望もするし発狂もする『アマゾンの倉庫で絶望し、ウーバーの車で発狂した』

 

アマゾンの倉庫で絶望し、ウーバーの車で発狂した

アマゾンの倉庫で絶望し、ウーバーの車で発狂した

  • 作者: ジェームズ・ブラッドワース,濱野大道
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2019/03/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

「ワープア」って言葉、なんかあんまり聞かなくなってきたのは気のせいだろうか。
格差は広がる一方なので、ワープアだと響きが軽すぎて使わなくなったのだろうか。低賃金労働の問題は、むしろどんどん大きくなっていると思うんだが…

本書は日本ではなくイギリスのワープア、最低賃金労働者たちの現状について、著者自身が実際にその現場で働き知り得たことを綴った、実体験に基づくルポタージュだ。

続きを読む

長男と男二人キャンプデビューしてきました

f:id:tojikoji:20191113222931j:image

先日、7歳の長男と男二人キャンプを1泊でしてきた。
長男はキャンプデビュー。前日から楽しみで仕方なかったらしく、自分の着替えなどをリュックに詰め込みながら、何して遊ぼう、何を食べよう、焚き火やりたいなとずっとウキウキモードでいてくれた。

続きを読む

【書評】架空の都市の架空の歴史の物語集『方形の円』

 

方形の円 (偽説・都市生成論) (海外文学セレクション)

方形の円 (偽説・都市生成論) (海外文学セレクション)

 

ルーマニア人作家による、架空の都市について記述した短編集。小説というよりは各都市についてのごく短い歴史解説文といった感じ。

架空のものについての解説といえば、スタニスワフ・レム『完全な真空』を思い起こす。あれは架空の書物についての書評集で、あまりにも奇抜な架空の本を論理的に評するもんだから「この原著を読みたいわ」と思わせる、類を見ない感じの興奮を得られる素晴らしいSF古典といえる。文庫化されていないが、SF好きならハードカバーを買う価値のある一冊だと思う。

本書は完全な真空のような風刺や強烈な知識の洪水はないが、淡々とした描写が読み手の想像力を広げる余地を残してくれている。以前読んだ『奇妙な孤島の物語』に近い。あれは実在する島の歴史や逸話についてで、島の地図も描かれていた。

本書は都市の物語もすべてフィクションのため、骨組み以外はすべて読者の想像で補完できる。逆に詳細まで描ききることなく、でたらめにページをめくり、読んだ都市について想像を巡らし、すぐに忘れてしまうくらいでいいと感じた。また、次に読んだときに、前回とは違った都市を思い描くことができる。

装丁が美しくて、タイトルも矛盾しててかっこいい。いつパラパラめくっても新鮮に読めるので、本棚にあるととても映える一冊だと感じた。