Under the roof

三児の父が育児、家事、読書のこととか書きます

【書評】大真面目な、命を守るための研究『兵士を救え!マル珍軍事研究』

 

兵士を救え! マル珍軍事研究

兵士を救え! マル珍軍事研究

 

 

タイトルに「珍」ってあるけど、中身はいたって真面目。「珍」は面白いとかくだらないって意味ではなくて、「めずらしい」に読み替えていいかも。

 

例えば、本書のイントロダクションで紹介される、「チキン砲」

続きを読む

【書評】選挙に、政治に、我々はもっと興味を持つべきだ『黙殺 報じられない“無頼系独立候補”たちの戦い』

 

黙殺 報じられない“無頼系独立候補

黙殺 報じられない“無頼系独立候補"たちの戦い

 

 

今のところ、今年読んだ中で最高の本。

 

一見すると本書は、マック赤坂に代表される『選挙に出てくる主要でない候補者』について、面白おかしく書かれた読み物なのかな…なんて軽い気持ちで手に取ったら、とんでもなかった。

続きを読む

初めての胃カメラの翌日、喉が痛くなった

昨日、人生初の胃カメラを経験してきた

 

人間ドックは何度も受けているが、通常はバリウム検査で、胃カメラは有料オプション。

 

今までは毎年バリウム検査で問題も見つからなかったので、胃カメラはしてこなかったのだが、妻が今年はやってみたいとのことだったので一緒に申し込んで受けてきた。

続きを読む

【書評】強いものが生き残るのではない、生き残ったものが強いのだ『たいへんな生きもの:問題を解決するとてつもない進化』

 

たいへんな生きもの: 問題を解決するとてつもない進化

たいへんな生きもの: 問題を解決するとてつもない進化

 

 

現在も本屋で平積みされて売れているらしい『ざんねんな生き物事典』の二番煎じかなと思ったけど、これはこれで毛色が違った。ユーモアの溢れっぷりは似たようなものだが、こっちはもっとブラックなユーモアだ。

続きを読む

5歳の長男との協力プレイがもう最高すぎる『スーパーマリオ オデッセイ』


今更だけど、5歳の息子とマリオオデッセイを協力プレイで楽しんでいる。

 

スーパーマリオ オデッセイ  - Switch

スーパーマリオ オデッセイ - Switch

 

 

息子との協力プレイ、「楽しい」よりも「嬉しい」が圧倒的に強い。この齢にして、とても新鮮な気持ちでゲームができている。任天堂ありがとう。

続きを読む

【書評】わかりやすいブラックホール『ブラックホールをのぞいてみたら』

 

ブラックホールをのぞいてみたら

ブラックホールをのぞいてみたら

 

 

凄くわかりやすくて面白い、まさにブラックホールの入門書にうってつけの内容。

 

宇宙に関する謎はたくさんあるが、特にブラックホールっていうのは面白そうで中二心をくすぐられて詳しく知ってみたいと思わせる魅力が高い。

続きを読む

【書評】まさに死闘。『レッド・プラトーン 14時間の死闘』

 

レッド・プラトーン 14時間の死闘

レッド・プラトーン 14時間の死闘

  • 作者: クリントンロメシャ,Clinton Romesha,伏見威蕃
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/10/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

戦争モノのノンフィクション。ノンフィクションなのに、今まで読んだどの戦争小説よりも激しくて一気に読んでしまった。

続きを読む