読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Under the roof

三児の父が育児、家事、読書のこととか書きます

自分は子供の頃、何に興味があったのか

日記 育児

よく妻に、「子供の頃は何をして遊んでいたの?」聞かれることがある。

 

妻は4人兄妹の末っ子。物心ついたときにはお兄さんたちは自分より大きかった。現在4歳の息子が、仮面ライダーや戦隊ヒーローにハマっているのを見て、男の子ってこういうものなのか、と初めての経験をしているそうだ。

 

なので、そんな男の子の生態をよく知るべく、僕が4歳くらいだったときには何をして遊んでいたの?どういうものに興味があったの?と聞かれるようになった。

 

ただ僕は、4~5歳の頃に仮面ライダーや戦隊ヒーローにハマっていた記憶が全くない。いやむしろそういった類があまり好きではなかった印象さえある。別にテレビを見なかったとか、仮面ライダーグッズを買ってもらえなかったとかそういうわけではなく、純粋に仮面ライダーには興味がなかった。

 

じゃあ何して遊んでたの?と聞かれると、それはそれで思い出すことができなかった。小学生にもなると、当時全盛期だったファミコンにどハマりしていたのは覚えているが、その前の4~5歳ころ何で遊んでいたのかという記憶がストンと抜け落ちていた。

 

だが最近、このアプリを見て思い出した。

トランスフォーマー。


車や飛行機がロボットに変形や合体をし、戦いを繰り広げるアニメ。僕が幼かった1980年代にテレビアニメが放映されており、実際に車からロボットへと変形するおもちゃも大量に売られていた。


たしか4~5歳ころのクリスマスプレゼントに変形合体する大掛かりなトランスフォーマーのセットをプレゼントしてもらい、そのおもちゃでかなり遊んでいたことを思い出した。

 

トランスフォーマーは、ガンダムなどと違いロボット自体が自分の意思を持っており、ロボット同士の勢力が敵対し戦うというストーリーだった。確か人間の住む世界での出来事なので、アニメには人間たちも登場したとは思うが、戦いはあくまでトランスフォーマーたちの間で行われる。「トランスフォーマーたちによる感情のぶつかり合い」は出てくるが、そこに生身の人間は深くかかわってこない。

 

僕は当時、このトランスフォーマーに夢中になった。仮面ライダーのような「改造人間」や戦隊ヒーローのような「変身」にはあまり興味がわかず、人間の及ばない機械特有の圧倒的力強さ、車両が変形するというそのメカニカルなギミックに心躍らせていた。

 

無料のアプリを見つけ、昔を思い出し懐かしくなった僕は、早速このアプリをダウンロードし、プレイする前に1980年代当時に見ていたアニメの登場するトランスフォーマーたちの名前や勢力設定などをwebで見てみることにした。
有名な「コンボイ」は、司令官という立場だったのか…と、当時は意味が分からなかったキャラクターたちの設定を見て、ああ、このトランスフォーマーのおもちゃ持ってたな〜とか、こんな敵役いたな〜とか、懐かしさと新鮮味が入り混じった気持ちでwebのデータを長々と読みふけってしまった。

 

トランスフォーマーたちのデータをひとしきり読んで満足した僕は、2週間以上前にダウンロードしたスマホゲームを未だ起動していない。