読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Under the roof

三児の父が育児、家事、読書のこととか書きます

ホームベーカリーの逆襲

なんか最近ホームベーカリーの有能さに気づき、いろいろ試している。

我が家で持っているのはこれの旧式。
購入したのは3~4年位前だったかな。
当時は生米から米粉パンが作れる「GOPAN(ゴパン)」が話題になり、ホームベーカリーの注目度も高い時期だった。今調べたらGOPANてサンヨーの製品だったんだな。系譜パナソニックに受け継がれ、今もパナソニック製のホームベーカリーは好評みたい。

我が家で持っているものもパナソニック製だが、生米から米粉パンを作る機能はついていない。ただ残りごはんを加えたごはんパンを焼くことはできるので、炊飯器に残ったご飯を翌朝のパンにすることが出来る。購入当初はもっぱらこのごはんパンと普通のパンを焼くのを繰り返し、純粋にベーカリーとして使っていた。

きっかけは年末に妻の友人が遊びに来たことだ。妻の友人の息子(4歳)がピザが好きだというので、その日の昼食はピザでおもてなししようとなった。ふと、ホームベーカリーの取説にピザ生地が作れるとあったことを思い出し、試しに作ってみたところ、これが思いのほかおいしかった。
クックパッドなどを見ると、手ごねでもピザ生地を作れるレシピはたくさん載っていて、実際作ったことも何度もあるが、個人的にはそれよりも遥かにおいしかった。機械でしっかりこね、しっかりとした温度管理で発酵させたピザ生地はふわふわもちもち。冷めても生地が硬くならない。クリスピーな生地が好きなら、極限まで薄くしてから焼けばお望み通りのクリスピーピザが焼ける。
人がやることは、生地を取り出して何等分かし、薄くのばして好きなトッピングを載せ焼くだけ。好きな具を載せられるので、デザートピザや変わりピザも簡単に作れる。

これで調子に乗った我が家は、続けざまにリンゴジャムをホームベーカリーで作った。砂糖と切ったリンゴとレモン果汁を入れてスタートするだけ。これもビビるくらいおいしい。加熱が全体的に一定にされるからか、雑味がない爽やかなリンゴそのものの味が楽しめるジャムが出来た。パンだけでなくパンに付けるものまで作れるとは、購入してから今までいったい我が家は何をしていたんだと思ってしまうくらいの驚きだ。

次は、生のもち米と水でお餅が作れるらしいので、挑戦したいと思う。