読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Under the roof

三児の父が育児、家事、読書のこととか書きます

どんな状況でも、一緒に寝るのはママ、家事はパパ

日記 育児
関東で大雪の報道。我が家も関東だが、幸いにして雪は降らず雨で済んだ。そんな雨も暴風で凄まじい降りだったけど。

雨と風が強いと、子供を保育園に朝送るのが大変だ。特に月曜日は、うちの保育園の場合お昼寝布団を持っていかなければならないので、子供×2、登園荷物×2、お昼寝布団×2となりかなりの荷物量になる。
今日のように雨と風が強いと、3歳の息子は自分で長靴を履き傘をさして歩いてくれるが、1歳の娘は傘を差しながら抱っこするしかなく、登園荷物と娘と傘で両手がふさがる。とりあえず保育園に入り、息子と娘を預けた後に車に戻りさらにお昼寝布団を持っていく必要がある。ただでさえバタバタした朝に、子供抱っこ、荷物往復でもうゼイゼイ息が上がってしまう。月曜の朝なのにゼイゼイ。大幅に仕事のモチベーションが下がる。

そんなこんなで、今日は全然仕事に集中できなかった。特に力を注いで仕事をしたわけではないのに、朝からの疲労を引きずり体はクタクタだ。

で、夜。今日は子供たちと一緒に21時前に寝てしまおうと思い早めに家事を片付け、「さ、みんなで寝室行こうか」と子供たちに声をかけた。

すると、3歳の息子が「パパはお片付けだよ!まだ寝ないよ!一緒に寝るのはママだけ!」と寝室への同行を拒絶されてしまった。
子供たちの寝かしつけはママ、皿洗いや洗濯物をたたむ、保育園の準備がパパの役割というふうに息子の中では決まってしまっているようで、「あとは明日の朝やるから今日は寝よう…」というのは通用しなくなってしまったようだ。

というわけで、息子に拒否されて物悲しい気分になった僕は、寂しく家事をこなした後、ヤケ酒でも飲んでフテ寝することにしようと思う。