読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Under the roof

三児の父が育児、家事、読書のこととか書きます

うちの猫たちの悪癖その4

日記
今日は天気がよかった。
そんな日に、うちの猫たちが披露してくれる悪癖がある。
 
これだ。
 
f:id:tojikoji:20160430214012j:image
 
うちのベランダなんだが、天気のいい休日に布団を干していると、猫たちも自らを干しに出てくる。
 
我が家は室内飼いで、屋外に猫を連れ出すことはない。脱走もしないように窓を開けっぱなしにしないよう気を付けて生活している。
 
f:id:tojikoji:20160430214654j:image
 
ベランダからも脱走しないように、いつも網戸は締めておくように気を付けている。だが、2つあるベランダのうち東側のベランダだけは、窓以外にホールから出入りするためのドアがあり、そのドアに備え付けの網戸が特殊なタイプのため下部の隙間から猫が出入りできてしまう。
 
f:id:tojikoji:20160430214030j:image
 
こんな感じで頭から突っ込めば力づくで突破できてしまうのだ。こういう仕様の網戸なんで仕方ない。虫とかは突破する力がないのできちんと防いでくれる。
 
f:id:tojikoji:20160430214107j:image
 
この網戸のせいで、猫たちは自由にベランダに出入りし、思い思いに自らを天日干ししている。
 
f:id:tojikoji:20160430215315j:image
 
今のところ脱走しようという気配は全くないので、ベランダに出ることは容認しているんだが、ベランダとはいえ外は外だ。
 
ベランダで寝っ転がった猫たちは、ホコリっぽい屋外の匂いがして臭い。
布団や洗濯物みたいに「お日さまの匂いだ~」なんて心地よい展開は全くなく、ただ土とか砂とかの匂いがする。
 
たまに外に出るのが猫たちにとっては嬉しいらしいが、ベランダで暖かい日差しを受け寝っ転がっている猫を見る僕たちの目線は逆に冷めたものだ。